『ととさん』のロンバケ

双極性障害Ⅰ型の戯言

火曜日の受診

先日、主治医より「今度から木曜の午前中は僕は診察しない。」と言われた。

そして、木曜の診察は多分ブスな女医になると言っていた。

そんなこんなで、ちょうどおかんも先週の木曜に用事が出来たこともあって火曜日の午前中に病院に連れて行ってもらった。

この二週間の『ととさん』の話をまたまた付箋に書き詰めて、それを先生に音読していた。

すると「僕が読むから貸して!!」と言われた。

超・殴り書きのかなりの枚数ある付箋を読んで先生は言った。

う〜ん、困ったな。ラミクタール増やそう。

 

175mg/日→200mg/日に増量

 

 それと、こないだから眠るために毎晩用でもらったエスタゾエラム

それに加えてオランザピンってのを2.5mg寝る前に服用することになった。

なんか本格的っぽい(笑)

そう…よくわかってないワケ(°▽°)

まぁ言われるがままでいいかな。

 

『ととさん』は専門医じゃないし実は医者でもないから( ̄∇ ̄)

 

薬は、前のが残ってたから、新しい分量と種類の服用は金曜日から開始した。

体は、まだ慣れないせいかダルい。

ダルいの一言に尽きる。 

そして、今まで院内処方だったのが5月から院外処方に変わった。

院内の時は、そりゃ時間がかかってイラっときたけど、病院の敷地内に出来た薬局にはもっとイラっとさせられる。

最初に行った時は、ものすごい混みようで壁づたいにギッシリ、あの病院にいるちょっと変わった方々がひしめき合っていた。

 

次も混んでいた。

 

そして今回、診察は混んでいたのに薬局には『ととさん』以外に1ペアしかいなかった。

大体、あの病院に行く人には介添人らしき人が付いていてペアで移動している。

『ととさん』は、マザコンがバレたら恥ずかしいので、よっぽど変な時しかおかんには車の中で待っててもらう。

 

何故、薬局に1ペアしかいなかったか???

 

理由は知っていた。

とても大手の薬局ではあるのだが、全然回ってない。

『ととさん』もカウンターの中に入って手伝ってやろうかと思うくらいだ。

 

しかし『ととさん』は、医者でもなければ薬剤師でもないので我慢するしかない。

 

最近は、どの薬局もなるべく薬を都度用に分包している。

それは、近所の行きつけの薬局で聞いた話だ。

どうも、その病院の薬局が出来てから薬剤師の集まり(会議)で、かなり問題視されてる薬局らしい。

 

今回、1ペアしかいなかったのも、みんな他に流れて行ったようだ。

 

間違えて飲む患者さんに対して朝・昼・夜食後とか寝る前とか分けて袋詰めするのだ。

なのに、この薬局…言っちゃ悪いがメンヘラ病院の敷地にあるのにシートで薬を処方する。

自分で判断して飲むことの出来ない患者さんに対して「シートでよろしいですね?」とか聞いてる。

みんな言ってる意味がわからないで「はい。」とシートでもらって後から介添人が「分包してください。この人、薬、自分で飲めませんよ。」と言いに来てる。

 

3回目の利用の『ととさん』にも、また同じ事を聞いてくる。

過去の2回も聞かれた。

自分で薬を管理できないんです。しかも毎回薬の量や内容も変わるので、分包してください。」と言った。

どっか、「カルテとかに書いとけよ!」と言いそうになったけど騒いだら入院させられるから我慢した。

そしたら「分包だと時間が掛かるけどいいですか?」とな。

いや、今待ってるの1ペアだけだし「何時間も待つんですか?」と聞き返してやった。

お前も、そこで受診しろ!…我慢した(笑)

それでようやく分包にしてもらった。

でも、これは、よくない。

 

ちょうど、火曜に受診すると金曜の朝まで薬にタイムラグが出来るようになったので近所の薬局にお願いに行った。

ここで処方してもらいたい。

『ととさん』の飲む薬は、ちょっと特殊だから、今日の今日は無理なんですよ。でも、タイムラグが出来たから、ちょっと、こっちでやってみましょうか。ただ、あの薬局も多分、慣れてきたらちゃんとやってくれますよ。薬剤師会でも、みんなが働きかけてますから…。

渡りに船だ。

 

早く、ちゃんと機能してくれるといいな。

広告を非表示にする