読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

双極性障害の『ととさん』

双極性障害Ⅰ型・シングル子育て中・性同一性障害の日々

山田さん

今日、教会に着き会堂に入ると山田さんの後ろ姿があった。

しばらく、見なかったので教会に来たくないのかなぁとか心配してた。

 

山田さんはガラスの二十代(笑)な女の子。

早く、洗礼が受けたいんです。」とニコニコしながら言っていた。

まだ、独身で、もちろんお子さんもいないけど、子ども達対象の日曜学校にも参加していた。

『ととさん』も教員としてご奉仕させてもらうまでは、大人なのに日曜学校の生徒だったが、自分に子どもがいたので敷居は高くなかった。

そう言う状況ではない山田さんが日曜学校に参加するのは、きっと簡単なことではないし、クリスチャンとして洗礼を受けたいって言う意気込みを強く感じられた。

 

山田さんに初めて会ったのは4ヶ月くらい前だったかな。

新しい人が来たと言うので、隣りに座り挨拶やら自己紹介をして、お互いにお祈りもした。

第一印象は…少し、何かあるな。って感じだ。

『ととさん』は、その頃まだ双極性障害とは診断されておらず、山田さんに「自分、うつ病なんすよぉ。」って話した。

何となく、山田さんから同じ匂いがしたから…。

山田さんは「大変ですね。私も病院に通ってるんですよ。

やっぱりだ(=^▽^)σ

私は、統合失調症なんです。

((((;゚Д゚)))))))

わからない。

わからないんだけど…

 

 

 

 

 

漫画でなら見たことある。

印象は、壮絶な病気だなぁ。とホントにバカみたいな感想しかない。

山田さん…大変なんだね。

オレ、ゴメン。理解が足りてないからゴメン。

と思った。

 

それから、日が経つにつれて具合いが悪そうな様子の山田さん。

『ととさん』は、少し離れた所からそっと見ていた。

そして、山田さんは、いなくなった。

 

今日、山田さんの姿が見えた時、嬉しくて仕方がなかった。

日曜学校が終わり、礼拝の前に時間があったので、しばらく交わりの時間を持った。

聞くと、2ヶ月間、入院していたらしい。

そして、昨日退院して、ずっと教会に来たかったからと、早速、今日来られたのだ。

神様、ありがとうございます。

驚くほど、たくさんの薬を飲んでいた。

朝飲むの忘れたからって(笑)

頼むから、必ず飲んでくれ!!!

『ととさん』は、自分が双極性障害だったと報告した。

彼女は、双極性障害のことも詳しいようで『ととさん』より良く知っていた。色々、教えてもらった。

そして、「私たちは、健常者の人達の普通レベルに生活するのは大変ですけど、お互い負けないでいましょう!!」と言ってくれた。

嬉しくて「そうだね。お互い、ゆっくりやってこう!」と誓い合った。

 

ん?

私たち?

あ…『ととさん』も健常者の方に入ってない(笑)

そっかぁ( ̄∇ ̄)

まぁ、いっか(笑)

 

神様、どうか来週も山田さんが教会に来られるようにお守りください。アーメン。