読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

双極性障害の『ととさん』@休職中

双極性障害・シングル子育て中・性同一性障害の日々

受診 with おかん

双極性障害

今日は一週間経ったから精神科の受診日。

ちょいと薬の離脱症状がヒドいので、おかんに車の運転をお願いした。(セガレが学級閉鎖でバカンスを楽しんでいたが病院が病院なので家に放置…じぃじイライラしてた。)

せっかくなので、おかんも一緒に診察室へ。

先生に早速「お母さん同伴って事は調子悪いかな?」と言われた。

この3日間は躁状態が続いてる。

ほとんど寝てない(笑)

離脱症状は辛いけど、今朝なんて「治ったみたいだから会社に行ってみるかな。」と言ったぐらい。

おかんに止められてしまったけど。

自分が思ってるより、周りの人の方が『ととさん』の事を分かってるのかな。

おかんは先生に「車の運転とかどうなんでしょうか?」とか「突然、喧嘩上等な感じになるんですが…」なんて聞いてたけど『ととさん』は始終ニコニコ。

きっとね、カルテに「こいつマザコンとか書かれてるのかなぁなんて考えてたら楽しくなってきた。

おかんの質問に「喧嘩上等は今飲んでる薬が効いてきたら治りますよ。」「車の運転とか高所とか危ない物はダメですね〜。」って…イヤそれは困る。なにせグンマー帝国ですから。

 

そんな『ととさん』も今日は先生に聞いてみたい事があり、また、聞く意欲があったので質問してみた。

まだ、自分の病気について何も知らない。

でも、自分が何者なのか知りたい。

これから、ただ薬が合う合わないとか、テンションのアゲとかサゲの報告するだけなの?

カウンセリングとか受けてもオレの疑問は解決しないの?

先生は、ペンを置いて『ととさん』の目を見て話してくれた。

今は、まだそう言う段階ではないんだよ。合う薬を探してる段階。それが見つかって症状が落ち着いたら、そこからカウンセリングを受けたり出来るからね。

 

安心した。

 

今が、どんな状況で、この先どうなっていくのか少し道筋が見えたから。

先生に出会って、まだ1ヶ月経ってないケド、これから信じて治療を受けられそうだと感じた。

今日のところはな(・∀・)