読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

双極性障害の『ととさん』

双極性障害Ⅰ型・シングル子育て中・性同一性障害の日々

性自認について

『パンダ』とのラヴコール中の会話。

この前、2chを読んでたらね…。

可愛いでしょ(笑)

 

とあるご主人(奥様と2人家族)のスレだったらしい。

奥様は料理も上手で、天海祐希さんに似た美人さん。

でも、ご主人は離婚したいと…。

当然、2ch民からの反応は

お前は贅沢だ!」とか「お馬鹿!」的な感じ。

でも、そのご主人は、奥様がなんでも出来て自分が乗れない大型バイクの免許も持ってて、でかいバイクを買う。だの、何だか奥様の方がたくましいのが嫌だったようだ。

夜の生活もあまりないらしく、たまにあってもなんか違和感があったと。

そして、ついに奥様に離婚を切り出した。

奥様は「やっぱり…。

私ね、性同一性障害なの。」と告白したらしい。

その結果。

その結果は?

 

『パンダ』曰く「その後の記事は、読めんくなった。」って、お〜い(笑)

オチのない話だった。

でも『パンダ』はその奥様が天海祐希さん似ってことで『ととさん』みたいと思ったらしい。

確かに!

『ととさん』の昔の結婚式の写真は、誰に見せても「天海祐希だ!」と言われる。

そう、人は変われるのだ( ̄∇ ̄)

今では、どこにも天海祐希さんの要素は残っていない。

一体、どこへ行ってしまったんだろう(笑)

 

我が家の離婚は、長い長い裁判で判決が下りたのだが、99%は、元配偶者に否が認められている。

1%は『ととさん』のその否に対する努力不足だとか。

でも、離婚話がこじれた時に元配偶者に「家に男が2人いるみたいだ!」と言われて『ととさん』は傷ついた。

家族なのに?

男みたいでも家族だろ?

テメェの否を打ち消すために人に否を持ってくんな!!

と思った。

 

でも、それからかな。

性自認について考えた。

結果『ととさん』は中身が男だって判った。

小さい頃からの謎が解けた。

誰かに認めてもらわなくてもいい。

自分が自分を認めるキッカケになった。

幸い、おかんも『パンダ』も親友もそれを認めてくれている。

今でも性自認が離婚の原因だとは思わない。

『ととさん』も家庭が崩壊するまでは精一杯「良き妻、良き母」でいたと今でも思う。

でも、自分の性について理解できてヨカッた。

残りの人生、自分を否定せずに生きていけるから。

もちろん、その他に否定要素は山盛りだけど(*´Д`*)

『パンダ』にも話した。

その2chのご主人は、その後どうなったか分かんないけど『ととさん』は、もう一度、過去に戻って、ダンナとやり直したい。とは思わないよ。

結婚、出産、離婚を経験し、性自認を確立したのは『パンダ』と出逢うための必然だった。

今の『ととさん』は「良き夫、良き父」として生きてくことに精一杯だ。

あ…休職中やけど_:(´ཀ`」 ∠):

 

変えてゆく勇気―「性同一性障害」の私から (岩波新書)

変えてゆく勇気―「性同一性障害」の私から (岩波新書)

 

 

気合いが足りない?

昨日、ムスメをバレエのお迎えに行った帰りに言われた一言。

いつまで仕事、休んでんの?

キタキタキタ〜(´・ω・`)

お医者さんが、もういいよぉ。って言うまでね。

気合が足んねんじゃね??

ムスメ、キビシ〜(´・∀・`)

う〜ん。『ととさん』は気合いだけで働いてたんだよねぇ。気合い出し過ぎて、疲れちゃったみたい。疲れ過ぎて心と身体が元気じゃなくなったみたい。

お医者さんってオトコ?オンナ?

あぁ、男の先生だよ。

…何故、性別を聞いたんだww

ゴメンな。しばらく休んだら、ちゃんとまた元気になって働くから。稼いでくるから。

 

多分、生活とか色んな心配があるんだろうなぁ。

中学行くんで、準備にもお金かかるの知ってて、『ととさん』がワタワタしてるの見てるからm(_ _)m

余計な苦労かけてるな。

ここの所、ムスメがやたらとヒザに乗ってきたり寝てると布団に入ってきたり、座ってるともたれかかってきたり…。

家のこと、進学のこと不安なんだろうなぁと思う。

セガレは相変わらずだけど、上の子は敏感だから。

まぁ仕方ないよ。『ととさん』もそうやって育ったし(笑)

悪いけど、オマエが言うように『ととさん』が気合いで満たされるまで、心配しててくれ!

 

学校で一番多く読書したと表彰されたムスメに今度、この本貸してやろうかな(。-∀-)

 

双極性障害(躁うつ病)の人の気持ちを考える本 (こころライブラリーイラスト版)

双極性障害(躁うつ病)の人の気持ちを考える本 (こころライブラリーイラスト版)

 

 

 

セガレの頑張り

世間では稲田防衛大臣の怪しげな発言が話題になっている。

一国の大臣が国会という場で、国民の前で、いい加減なコトを言わない方がいい。

 

我が家にもいい加減なヤツがいる。

小学2年のセガレ。

とにかくオシャクソ(おしゃべりクソ野郎)だ。

しかも、何を言ってるのか分からない。

ずっとマイクラの話とか相手に通じようが通じまいが関係なく喋り続ける。

…けど、外に出ると挨拶すら出来ない。

ビックリする程、喋らない。

『ととさん』に似てビビりだ。

ちなみに『ととさん』は、ちゃんと挨拶出来るけどね。

 

あいさつ (はじめての絵本たいむ)

あいさつ (はじめての絵本たいむ)

 

 

外で挨拶も出来ないけど、上手い立ち回りで甘えん坊キャラを活かして平和に過ごすセガレ。

挨拶しないコトで怒られる所には近づかない(笑)

そして、上手にばぁばや姉ちゃんを使い、周りに気持ちを伝えるオトコ。

『ととさん』の事も大好きで「ママ〜ン♪」と飛びついてくるが、『ととさん』は中身がオトコなのでセガレの甘えん坊キャラに冷ややかな視線を送る。だから、やや苦手らしい( ̄▽ ̄)

『ととさん』はセガレを『ととさん』クラスのオトコマエに育てたい。

 

今日は、ホワイトデー

ムスメ宛で、たくさんの男子が家にやって来た。

どれが本命なんだぁ!!!( *`ω´)

とりあえず、1人は追いかけてってボールをぶつけといた(バカ親父)

セガレも少しだけチョコをくれた女子がいたからお返しを持って行った。

車で連れて行って、女子の家の近くで停めて一人で行かせた。

最初、躊躇してたけど睨んで待ってたら、意を決したのか、ちゃんと一人でピンポン押して「〇〇ちゃんいますか。」「これ、バレンタインのお返し。」…ちゃんと言えた!!

なんか『ととさん』はスゲェ嬉しかった。

スゲェ安心した。

セガレをいっぱい抱きしめてやった。

ホントよく頑張った。

 

人より少し遅いだけ。

セガレは、ハイハイもアンヨもおしゃべりも全部、みんなより遅かった。

みんなと比べたら遅かった。

けど、少しずつセガレのペースで成長してた。

みんなと比べたらダメだな。

ゴメンな(´・_・`)

 

これからもビシバシ育てるけどヨロシクな。

 

ちょい出しで…

本日、ちょいちょいのアップで、なんかゴメン。

日頃より『ととさん』のブログを読んでくれてありがとう。

全くの初心者で何の面白味もない日常のアレコレを書き始めて一ヶ月半。

f:id:nkkakt:20170314135604p:image

1000pv到達を記念して!

 

運極量産

休職してから運極が増えてる。

f:id:nkkakt:20170314110431p:image

f:id:nkkakt:20170314110445p:image

イベキャラだけど…本日は2体。

やっぱクズだな。

6年生合同読み聞かせ

いつもより早く、ボランティア先の小学校に入った。

職員室からスクリーンとプロジェクターを運び出し、リハーサル通り手際よくプレイルームに設置。

nkkakt.hatenadiary.com

3階だから息切れは必至(*´Д`*)

あっという間に放送委員さんの声がスピーカーから流れる。

今日の朝時間は読み聞かせです。みなさん、教室に入って読み聞かせを聞く準備をしましょう。

威圧感があるくらい大きく育った6年生2クラスの子ども達が、ゾロゾロとプレイルームに流れ込んできた。

6年前はダボダボの体操着を着てキャッキャしてたのにね。

小さく育ったうちのムスメも入ってきて早速、落ち着きなく『ととさん』のPCを覗き込んだり…動物的( ̄(工) ̄)

先生から「今日は小学校生活最後の読み聞かせなので特別にボランティアさんが3人も来て下さいました。今日はスペシャルな読み聞かせです。」と物凄い重圧をかけられた(笑)

一番手『ととさん』。こいつらの1年生の頃を思い出しながら『おこだでませんように』を読んだ。久しぶりに6年生の前で大阪弁を披露。

もうすぐ中学生になるスカした子ども達が、大笑いして聞いていた。

キミ達、あの頃と何も変わってないね( ̄▽ ̄)

そして二番手には『しろいうさぎとくろいうさぎ』…これは、こいつらが1年生の時から最後の読み聞かせに聞かせたい。と思っていた。友達に読んでもらった。

すごくよかった。

一番、身体の大きい『メンディー』がこれを聞いている時にありえない程の大あくびを3回した。読み手が笑うほど微笑ましかった。

先生は怖い顔をしてたけど、なんか、相手を眠くさせるって読み聞かせ冥利に尽きると思う。

『メンディー』ありがとう。

三番手は、急きょ読む本を変更。

6年生向けのものにした。

 

たいせつなこと (ほんやく絵本)

たいせつなこと (ほんやく絵本)

 

 これから中学に行くこいつらにはなむけの一冊。

それぞれの大切な役割、使命を持って生きていけよな。

 

ズッコケ三人組の読み聞かせはここで終わり。

『ととさん』はPCを操りながらみんなに言った。

これで、キミ達への6年間の読み聞かせは終わりです。3編の詩を用意しました。それぞれの目で見て、心で読んでください。

スライドショー開始!!

『AI』の『Story(英語版)』をバックに詩を流した。

 

Story (English Version)

Story (English Version)

 

子ども達ではなく、 ズッコケ三人組の残る二人が涙してた(笑)

卒業前にみんなの心にまた一つの思い出となってくれたら嬉しい。

 

みんなが入学した年から3人で入った読み聞かせボランティア。

本当は1人、今日で引退だった。

けど、そんなの寂しすぎるから、つい、「最後に6年生に一言ずつお願いします。」と先生にフラれて「みんな卒業しちゃうけど、うちら3人はここに残って、あと4年ボランティアを頑張るから、みんなも中学行っても頑張れよ!」と宣言してしまった。

 

これを機に友達は引退を撤回、またもう1人も下の子の卒業で引退すると言ってたが引退を遅らせることが決まった。

子ども達の前でウソついちゃいかんもんね(笑)

ちなみにあと4年。

これはうちのセガレが卒業する時( ̄∇ ̄)人生巻き込み型(笑)

これからもヨロシクね♪